345 days

とうとうおふぃすれでぃーになりました。

「コロンビアーナ」を観たじょ!

 

コロンビアーナ [DVD]

コロンビアーナ [DVD]

 
 1992年、南米・コロンビア。マフィアの幹部を父に持つ9歳の少女カトレアは、マフィアの大物の差し金により、目の前で家族を惨殺される。必死に逃亡し、叔父を頼って米国シカゴにやってきた彼女は心に復讐を誓う。

15年後、そんな思いを抱いて成長したカトレアは凄腕の殺し屋として暗躍。標的を始末する度に現場に残すカトレアの花は、憎き仇をあぶり出すためのアイテム。やがてマフィアが本気で彼女を追い込もうとしたとき、予期せぬ事件が相次いで起こる。新たな悲劇、新たな悲しみ、そして新たな怒り。すべてに決着を付けるべく、カトレアは銃を手に取る。
心を引き裂かれ、絶望に打ちひしがれるカトレアの復讐の炎が、静かに、しかし激しく燃え上がる!

 


映画『コロンビアーナ』予告編 - YouTube

 

 

というわけで、リュックベッソン十八番の殺し屋映画です。

とはいえ、「ニキータ」「レオン」には及ばず…。

主人公カトレアの少女時代を演じているアマンドラ・ステンバーグのオーラがすごい。目力が半端ない。

f:id:moving345:20131011033600j:plain

 

この作品の中で一番好きだったのはこの子供時代とアクションシーン。

復讐を誓って殺し屋になる前の少女時代から、既にセンスを持ってたことが分かるエピソードがカトレアというキャラクターを描くうえですごくうまく働いてた。

むしろ、大人になって殺し屋稼業に身をやつしてから、クレバーであろうとする描写もありながら、根本的に(というかストーリ上)全然クレバーじゃなく抜けてるところがあってちょっと醒めてしまったり。

土曜の夜に家でチューハイ飲みながらDVDで観る分には十分面白いです。
あとやっぱり華奢な女の子が活躍するアクション(そしてニキータと同じく因縁の相手・大体が渋みを増したおっさん笑と互角に戦う姿)にはスカッとするので良し悪しはさておき好みの映画でした(笑)