345 days

とうとうおふぃすれでぃーになりました。

「100円の恋」を観たじぇ!戦う、えいが。たたかう、女。

 

予備知識なしにポスター飛び込みで観た映画があたると嬉しくて言いふらしたくなるよ。

 

ごきげんよう。

みよコです。

 

というわけで観てきました。

で、よかった。「100円の恋」

f:id:moving345:20150301005341j:plain

 

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。

ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしを始める。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。

心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。

ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人の距離は縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始める―――。

 (公式サイトより)

 


映画『百円の恋』予告編 - YouTube

 

上映中でもあるので、相変わらずのネタバレ感想は下。

 

 

 

 

 

 

 

ボクシング映画と知らずに見た。

安藤サクラの作品はこれまであんまり観てきてなかったとおもうけど、この映画は彼女の演技がなければ、ここまで惹きつけられなかったと思う。

 

32歳、ニート、だらしない身体にだらしない生活(おまけに処女)。

もうこのブサイクさっていったら(誉め言葉)観てる私たちのほうが「あーっ」って痛々しくて目を覆っちゃいたくなるくらいで、安藤さん演じる一子はもう完全に目が死んでるわけ。

 

それが、引退間近のボクサー(後に大変なダメ男と判明。まじツボ)とボクシングとの出会いで変わっていく。

ボクサーに捨てられた後も、どんどんボクシングにのめりこんでいく一子の目。

どんどん生気を取り戻していって、ああ、このひとは死んだまま生きてきたんだな、ってのが誰にでも分かるぐらいの熱を感じる。

 

これまでダメダメで、好きでもない男にヤられちゃって、好きな男は他の女について出て行っちゃって、くそみたいな負けっぱなしの一子の人生だけど、その中でだめなまんまじゃない何かっていうのが、一子にとってはボクシングだったんだな、と思う。

 

みよコはこの映画中ずっと、一子がヤられちゃった男のボディに強烈な左をいれてくれるんじゃないかとソワソワしてたんだけどそんなことはなかった(笑)

 

がすがす殴られまくって、(肉体的に)痛々しい試合、飛び散る汗と血、「勝ちたかった」と泣きながら、微妙な距離感でお互い画面の端っこと端っこにいるラストシーン、この一連のシーンがすごくいい。

 

食っちゃ寝してるときはブサイクだったのに、みるみるうちに身体絞ってきて、生気に満ちて、不器用に笑う一子がカワイイ。

 

残念ながら上映が終わっちゃった地域もあるけど、まだ上映この間始まったところも。

まじで!観れ!そして自分も何かとたたかわなきゃ、とむらむらする映画。ぜひ。