345 days

とうとうおふぃすれでぃーになりました。

working woman

 

通勤中、電子書籍で「働きマン」既刊全巻を久々に読み返しました。

 

ごきげんよう。

みよコです。

f:id:moving345:20140708001217j:plain

 

菅野美穂も好きで、昔ドラマも観てたんだけれども、こうして自分が働きだしてから読むとやっぱり違うなーと思う。

週刊『JIDAI』の女性編集者、松方弘子29歳元巨乳。寝食も忘れ、凄まじい勢いで仕事に没頭する彼女のニックネームは人呼んで『働きマン』。仕事人間の松方だけでなく、松方の周りで働く様々なタイプの人達の視線を通して、「働くとは何か」を問う! 2006年10月には、フジテレビでアニメ化。2007年10月には、日本テレビ菅野美穂主演でドラマ化。

という、安野モヨコ氏の言わずと知れた名作。連載休止してるけど(そしてきっと再開はされないだろう)

働きだしてみると、同じ働く「女性」でも、仕事に心血を注いでバリバリ出世している人もいれば、男社会で揉まれている人もいれば、マイペースに契約社員として働いている人もいれば、様々いますね。

 

私は松方よりもだいぶ女性が働く環境の整った職場ではあるけれども、自分が5,6年後、松方が自分の実力でデスク(現場の中間管理職?)の座を勝ち取ったように、現場の管理職になっているかというとそんなビジョンも見えないし、野望も持っていない。(ぽかん)

ただ今は仕事しか頑張ることがないから(めっちゃ若手だし頑張らざるを得ない)頑張るけど。

この漫画に出てくる松方の行き場が難しいのは、松方が仕事に生きても恋愛に生きてもどちらかを犠牲にしないといけないからかもしれない。

 

なんだか色々考えさせられました。

おとなのおふぃすれでーは是非。

 

 

働きマン コミック 1-4巻セット (モーニングKC)

働きマン コミック 1-4巻セット (モーニングKC)