345 days

とうとうおふぃすれでぃーになりました。

Casual?

突然、なんの話だとお思いでしょうが、みよコは下着の上下を夜と朝に分けて着ます。

つまり、夜お風呂から上がったらパンツを履き、朝着替えるときにブラをするわけで、そうなると当然「昨日の夜どのパンツ履いたっけ?」なんて頓着することがないので、上下別々のセットを身につけることになるわけです。

だから、たまたまお風呂に入るときに「すごい!今日は偶然にもちゃんと上下揃いの下着やんけ!」と言うことがあると、ものすごい得した気分になるわけです。(一切、何の得もしてないけど)


ごきげんよう。
みよコです。


いきなり他人のパンツの話なんかききたくないわ、と思うだろうけども、今日「ルビー・スパークス」を観に行ったら、ヒロインの女の子がクラブで彼氏にぴょんぴょん跳び跳ねながら「わたし、今パンツ履いてないの!」って自分の脱いだパンツを振り回していたので、ふと思い出して書いてみた。

長いですね。笑


この映画はまさしく、サブカル男子のためのファンタジー映画であるわけで、だからこそ「わたしパンツ履いてないの!」とかめっちゃ好きそうなセリフやなあ、と思った。

穿った見方でしょうか。笑

ゼロ・ダーク・サーティ」も一昨日、観に行ったので詳しくは今度まとめて書こう、と思う。



話は変わり、久々にゼミの男友達と飲みに行ってきました。

「彼女が女の子っぽい格好してくれない」とか言ってて、なんかいいなぁと思いました。笑

そうは言うけども、ボーイッシュでカジュアルな格好が似合うのなんて、本当にハタチ前後しかないんだから、それを満喫したらよろしいではないか。

と、そろそろカジュアル似合わなくなってきた私なんかは思うけど、当人からしたらやっぱ違うのやろね。

贅沢な悩みだで、ほんと。笑