345 days

とうとうおふぃすれでぃーになりました。

My Blueberry Nights

今日でテストも終わり、春休みや!! ごきげんよう。 みよコです。 っていって、試験中も映画観ていましたけども┐(´∀`)┌ヤレヤレ 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」をようやく観た。
マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション [DVD]マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション [DVD]
(2008/09/12)
ノラ・ジョーンズジュード・ロウ

商品詳細を見る
恋人に捨てられたエリザベスは彼のことが忘れられず、彼の行きつけのカフェに乗り込む。そんな彼女を慰めてくれたのは、カフェのオーナー・ジェレミーと、甘酸っぱいブルーベリー・パイ。それからのエリザベスは、夜更けにジェレミーと売れ残りのパイをつつくのが日課になる。しかしそんなある日、彼女は突然ニューヨークから姿を消す。恋人への思いを断ち切れずにいたエリザベスは、あてのない旅へとひとり旅立ったのだった…。[ 2008年3月22日公開 ] goo映画あらすじ
恋する惑星」「2046」のウォン・カーウァイ監督の初・英語作。 って言っても、私は「恋する惑星」をちらっと観ただけで全然詳しくないんだけど(笑) 失恋した女の子が自分探しの旅に出る、ロードムービー。 話の筋を要約してしまうとこんな感じ。 ↓以下ネタバレ有りの感想 エリザベスが変化・成長していくうえで2つのエピソードがあるわけだけど、そのエピソード同士の繋がりが薄すぎるように感じたのと、単純にエピソードの数の少なさで物足りなさを感じた。 ウォン・カーウァイってことにちょっと期待しすぎたのかもしれない。 ナタリー・ポートマンレイチェル・ワイズが素晴らしい。 特にアルコール依存症の警察官の元妻を演じるレイチェル・ワイズの貫禄!大好き!(笑) ノラ・ジョーンズが主役なのに完全に持っていかれてる感が拭えない。 と、文句ばかりですが(笑)、ウォン・カーウァイ作品だけあって映像はとてもきれいだし、カメラワークも好き。個人的に気に入ってるのはクリームが溶けていくブルーペリーパイの描写とカフェでの二人を撮るときの独特の閉鎖感というか、二人だけの空間が表されているところ?ちょっとうまく言えないけど あと、音楽はライ・クーダー、映画の雰囲気と絶妙に合っていてとてもいい。 最初にちょっと書いたけど、それ以外はいいし、見て損はない映画。 時間のある夜にのんびり観るのがいいかも。 マイ・ブルーベリー・ナイツ 公式HP(PCサイト)